ITの活用

 「お客様の美と健康のために」ケイポートではITを促進しています
system01

  近年、殆どの企業でIT化が進み、情報時代と言われるほどITは重要性を増しています。
  ITを活用することによって「業務改善」「作業効率化」「マーケティング」「データマイニング」「可視化」というようなことが可能になります。これらIT戦略が今後業界を勝ち残る鍵になるといっても過言ではありません。このようなことから弊社でも、今後社内システムの運用・改善はもちろん、インターネット・ITツールを通した広報強化やビッグデータの活用など、システム面の強化を進めてまいります。

 ビッグデータで会社の未来を
system02

  ドラッグストア業界でも徐々にデータが活用され始めています。
  弊社は現在、これまでに蓄積されてきた購買データベースをマーケティング等に使用しています。個人情報の保護が第一優先事項なのは今までと変わらず、今後は機械学習などを活用することによって、業務改善や利益増加につなげていきたいと考えています。
  また、ビッグデータ事業は将来的には社内業務だけではなく、よりお客様に身近なものになっていくと私達は考えています(ターゲティング・健康教育など)。今後は他IT企業様との共同事業を含め、データの活用を積極的に勧めてまいります。

 社員がやり甲斐を持って働けるように
system03

  システム事業のもう一つの目的は、全社員がよりやり甲斐をもって働けるようにすることです。   ITツールの導入によって社内コミュニケーションを円滑化させたり、アンケート調査をすることで課題を抽出するといった、社員にとっての「風通しの良さ」を上げることに今後取り組んでいきます。
  社内システムを強化することで、社員の負担を減らす、社員一人一人のQOLを上げるような環境を作っていきたいと考えています。

ページ上部へ戻る